新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

うちの主人の唯一の趣味はアボカド生育です。
東京から15年前につれてきた紀伊国屋生まれのアボカドは、こちらの寒さにも負けずにすくすく育っています。地元っ子の仲間も増えて、何本かは里子にだし ました。日々成長していくアボカドとお客様の声にはげまされ商いを続けてきましたが、この度私のページを作るにあたり、皆様に香嶽楼の成育をお知らせし、 見守っていただけるよう、このブログを『アボカド通信』と名づけました。

村山 美枝子
2006年

春は黄色

ウチの玄関は、雪消えと同時に

黄色い花が次々と咲く。

キンリュウカ、クロッカス、ゴールドコイン、福寿草。

 

大洞原の菜の花もまた、

妙高に春を知らせる、黄色。

 

妙高の本格的な春はこれから。

晴天の日曜日、

甘い菜の花畑の香りを

胸いっぱい吸い込みにいらっしゃいませんか。

 

 

 

妙高山からの雪解け水

妙高の田んぼが動き出しました。

山からの雪解け水をたたえた田んぼの、清らかさ。

しばし、足を止めて見とれてしまします。

 

冬の雪が解け、山を下り、田を満たす、

それだけのことが、美味しい米を作る。

豪雪を嘆き、戦うように生きる越後の冬。

それをこんなに見事に、生きる力に変えてしまう

自然の懐の深さを想う。

 

日本は、美しい。

 

 

甘い道

国道18号線から、赤倉に上ってくる道は何本かあるけれど

この季節にいらっしゃるなら、是非とも通っていただきたいのが、

上越方面から妙高大橋を渡って、一つ目の信号を右折する

通称〝美大線”。

 

なぜかって、

そこは、この季節、藤の花の咲き乱れる、

それはそれは美しい、そして甘い道。

 

車の窓を開けてください、

できたら、車を降りてください。

 

あたり一面に香るのは

優しく甘い、藤の花。

ひと房が、優に30cmは超える藤が

道の両側に続きます。

ゆっくりと歩きながら、この季節限定の、

甘い香りをお楽しみください。

 

 

 

 

雨風吹いて、緑萌ゆ

せっかくの土曜日、

昨晩から雨風でがっかり。

 

でもね、

この暖かい雨風で、やっと庭の雪も消え、

美しい新緑が山いっぱいに萌えてくるのです。

ここはゆっくり腰を据え、

ため込んだ本を持っていらっしゃいませんか。

 

当館、チェックインは15時ですが、

ご一報いただければ、早いお時間でも対応いたします。

 

ゆっくりとしたお時間と、温泉を、

そしていれたてのコーヒーを

まだ淡く、透けるような緑の中で楽しんでくださいませ。

 

 

春のお祭り

庭の雪が消え、水芭蕉が咲き、

玄関先の水仙や、福寿草がにぎやかになると、

そう、妙高の春祭り。

高原の春の、爽やかな空気を、

そして、今が旬の山菜をお楽しみにいらっしゃいませんか。

 

詳細はこちらで。

 

 

 

 

春の雨

今日は雨。

この季節の雨はやわらかく、優しい。

周囲の雪を融かし、暖かい風を運んでくる。

 

昨日の陽気で

芽吹き、

開花、

つぼみ、

次世代への命のリレー、が一気に進み、

それらがみんな、雨に包まれ、また一歩、春に近づく。

 

 

 

 

 

 

朝の自慢

ウチの自慢の朝ごはん、

自家製の蕗みそと、かつお梅。

 

板前が汗をかきかき作る蕗みそは、卵黄入りの特製です。

 

かつお梅は大鍋いっぱい、鰹節たっぷり。

どちらも、作っているそばからいい香り。

 

このかつお梅、だぁ~い好きで、4つ、5つ、食べちゃいます。

はい、ワタシの場合は、もちろん酒のツマミに。

お声をかけていただければ、お出ししますよ、ツマミ用に♪

 

 

 

 

積雪1m

とうとう庭の雪が1mまでになりました。

池のほとりには水仙が咲き始め、

表玄関には雪割草の葉っぱ。

 

まだまだ風は冷たいけれど

日なたにでるとぽかぽかと暖かい今日、

板前たちは山菜採りにお出かけ。

さてさて、何を持ち帰ってくるのかな、と

早速、とらぬタヌキの皮算用。

いそいそと、昼ご飯の天ぷらの用意を始めるワタシ・デ・アール。

 

先ほどお電話いただいたK宮さま、

「ブログ、楽しみにしてます。

内容でA、B、Cと評価してるんですよ~(笑)」。

 

きゃーー、大変。

いつもAをいただけるよう、ネタ集めに奔走しなくては!

皆様、ネタ持って、いらしてくださーい♪

 

 

 

 

 

世界に4つの写真集

友人のパスカルがスイスからやってきた。

 

「はい、お土産」と、渡されたのはずっしりと重い紙包み。

コンナニ重いの、持ってきたのーーー、と

美しいブルーの包装紙を開けたら、

ザラっとした布の表紙の写真集。

ページを括っていくと、タンザニアの景色が、

それはそれは優しい目線で広がっていた。

 

木陰からこちらを見つめるキリンたち。

色鮮やかな布を纏い、ものを運ぶマサイ族のすがた。

草原につくる影は動物たちの憩いになろう、大きな大きな木。

ゆったりとした足取りの像の群れ。

木の上のヒヒや、昼寝中のライオン。

 

セレンゲッティに吹く風まで感じられるような写真集を

夢中で見ていたら、最後のページに著者の写真があった。

パスカル!!

あなたの写真集なの!!

なんて素敵なサプライズ。

 

前から夢だったこと、

3週間の滞在を、兄妹としたこと、

フラットブック、という特殊な製本にこだわったこと、

そして、本業であるデザインをも絡め、表紙は現地のオーガニックコットンにプリントしたこと、

そして、この写真集を4冊だけ、作ったことを

ちっとも忘れていない日本語で語ってくれました。

 

皆様にお見せしたいのですが、

デリケートなものなので、お出しはしておりませんが

是非、ご覧いただきたいので

どうぞ、フロントでお声をかけてください、

喜んでお出しいたします。

 

一緒にタンザニアの草原の風に吹かれましょう。

 

 

 

 

積雪1.8m

池の全貌が現れると、どこからともなく現る金魚。

何メートルも積もる雪に埋もれて3カ月、

どこにいるのか気配を消し、じっと耐えた身に

春の陽射しはさぞ、嬉しかろう。

 

いつもより、少し遅い雪解けで

中庭には未だ積雪1.8m。

GWにお越しのお客様、

雪遊びの身支度でいかがですか。

 

 

1 2 3 4 5 6 113

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031