新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2012年10月

りんごジャム

今年も、成田園のりんごが

DSC_0193

 

山Pの手でもぎ採られ(うそ)

DSC_0196

 

美味しいジャムになりました。

DSC_0203

シナモンの香る、甘くスパイシーなジャム、

召し上がりにいらしてください。

 

金色の森

笹ヶ峰は金色。

ResPA263343

体も心も金色に染まる。

 

ResPA263352

世界中の金色をここに集めたのはだれかしら。

 

ResPA263370

冬の前、森が金色に染まるとき、

冷たいはずの風が、ひと時、温かく感じる。

山で海を

柏崎は鯨波のサイダーを取り扱うことにいたしました。

その名も『鯨泉』と書いて、げいせん。

DSC_0221

さっぱりした塩味で、ほのかに香る海。

もちろんこのままで美味しいけれど

日本酒に、焼酎に、梅酒に、

相手選ばず好捕手です。

是非、お召し上がりになってみて下さい。

 

柏崎から車を飛ばして届けてくれたTさま、ありがとうございました、

大勢のお客様に飲んでいただけるといいね、新潟の海の味。

真っ白に

今朝はそんなに冷え込んだ感じはなかったのに、

DSC_0170

見事に真っ白。

 

身もココロも、準備バンタン・・・?

お山の芸術祭

“暴風注意”なんて予報だけれど

こんな日、風に飛ばされてきたものたちのキレイなこと。

 

 

DSC_0215

楓は黄色のグラデーション。

DSC_0216
光に透けるみどり。

DSC_0217
ため息が出るほど、素敵な栗色。

DSC_0219
幹を飾るネックレス。

 

秋、ここにいられることに感謝。

 

 

紅葉狩り

 

笹ヶ峰の乙見湖は、絶好の紅葉狩り日。

Otomiko

栗や胡桃を拾ったり、きのこを眺めたり(決して採ってはいけません)

山歩きを楽しんで、

ランチはグリ-ンハウスのわらじステーキか

あげたてカレーパン。

 

山のお楽しみはココロもイブクロも満たしてくれます。

 

妙高・初冠雪

さむい・さむい・さむい、

と、思っていたら

案の定、妙高初冠雪。

国道近くはまだ木々はみどりでも

Myoko

 

赤倉は、 もう紅葉真っ盛り。

Myoko2

今週、ロープウェイが乗り時ですよ!

暖かい格好でお出かけ下さい。

寒くなったらウチへどうぞ、

暖炉の火は、もう入っていますから。

 

くりとたこ

注意してても栗拾いに傷はつきもので

イガイが持つ手はキズだらけ。

その手に今度はたこ攻撃。

DSC_0209

スプーン持つ手はひび割れて、たこが出来て、痛い、いたい。

 

山栗は、小さいけれど甘いが身上。

明日のデザートに間に合うように、

せっせせっせと栗剥き作業。

今年の山栗のお味はいかがでしょう。

あなたのお口に届くよう、今日も朝からくりとたこ。

妙高高原駅前・きくや

妙高の駅前に蕎麦屋がある。

名を「きくや」という。

ここの名物はもちろん霧下そば、

なのだが、

是非召し上がっていただきたいのがコレ。

DSC_0188
『特製蕎麦がき』

 

ふわっふわっ・・・・!!

で、口に含むとそば粉の香りが鼻にぬける。

ほんのり甘いたれが絶妙で、いくつでも頂けちゃう♪

お品書きにはのっていない裏メニュー、

たまに頂ける『揚げ蕎麦がき』も絶品ですぅ。

 

「美枝子さん、お蕎麦、どうするんですかっ」と

若女将のJ子ちゃんに、今日も叱られるワタシ・デ・アール。

紫陽花リースその2

まいたまいた、

Chibi1

    しめたしめた、

Chibi2

       わらったわらった、

Chibi7

今年も紫陽花リース作りはにぎやかです。

 

来年の為に花を切った紫陽花で作るロハスなリース、

余分なものは何一つ使わず、

残ったものは、笑顔とリースと思い出です。

Chibi3

Chibi4

Chibi6

来月にはもっと赤く染まる紫陽花で、あなたも作ってみませんか?

喜んで、お手伝いいたしますよ。

1 2

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031