新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2010年2月

Music Is Good Medicine

通称みかんちゃんチームがお持ちのものは

MIGMのステッカーと冊子です。

1002281

MIGMとは

ハワイ出身のウクレレ奏者・ジェイクシマブクロが主催するチャリティ団体です。
 

ウクレレ=音楽を愛し、世界の子供たちに情熱を持って生きることを

願ってやまない彼に賛同し、一緒に願う方たちに・・・と、

2種類のステッカーを持ってきてくれました。

ロビーに設置しておりますので、ご自由にお持ちいただいて

少しでも興味を持っていただければ幸いです。

1002282
ちまみに防水加工は施されておりません。

ボードやお車等には無理ですが、とってもカワイイのでお供させてくださいね。
 

右下のnalomeliはMIGMへの寄付を目的としたオンラインストア。

こちらものぞいてみてください。

個人的には、カイルアのムームーへブンのエコバッグがお気に入り。
 

ハワイの甘い風を感じさせていただた、幸せな週末でした。

ジンジャー好き

私の好きなものの一つに”しょうが”があります。

辛い・歯ごたえ・清涼感がキーワード。
 

で、

1002271
大好物の生姜せんべい♪
 

うちのアイドルMきちゃんが金沢にお里帰り。

1002272
と、いえばコチラでしょう。
 

いえいえ、決しておねだりなんかしていませんとも、

出かけるときにさりげなくつぶやいただけ、

「ショウガセンベイ・・・・・スキナンダ・・・」
 

うちのみんなには「悪魔のささやき」と呼ばれています。

レルヒくん

さぼっていたわけでは、ありません。
 

新潟県のPRの為、東京で、マスコミ各社の訪問です。

普通は行かないんだけどね・・・

        こんな真冬の忙しい時期・・・・・・
 

でもね、

県の旅館組合の方からのお誘いは、私のココロをわしづかみ。
 

「村山さん、レルヒ君も来るよ。」

・・・・・・・・・
 

行くともさっ!

1002261
わーーーーい!!
 

ぽかぽか陽気、春霞のかかる東京の街を、レルヒ君とデートしてきました。
 

今回伺ったのは、報知新聞社と日刊スポーツ社。

3月1日の報知新聞には、私たちとレルヒ君が出るそうです。

みなさん、しっかり購読してね!

いきなり出現

ウチを出て、左に二軒行くと、青山レンタルショップ。

1002232
 

その先は空き地

1002233
の、はずですが、
 

なにやら見える。
 

ナンダナンダ?

1002235
 

あれ、まぁ、

1002231
おキツネさんのお堂ができていました!
 

お隣の三水荘のお父さんが、こつこつ作った力作。

中は回廊になっていてベンチまであり、

甘酒でも持ち込んでゆっくりしたい雰囲気です。
 

急に暖かくなった赤倉ですが、いつまで楽しめることでしょう?

in my Jewely Box

これは、わたしにとって、宝物のような写真です。

DSC_0178

彼の名前はヤン。
 

私の友人であるお父さんに連れらて、初めて来たのは5歳のころ。
父親との2人旅に、少し不安な表情で、でもとても澄んだ瞳で私を見上げていた。
 

その子が、こんなに素敵な青年になり、

今度は自身の友人と遊びに来るようになりました。
 

彼の未来に楽しいことがいっぱいいっぱいあることを、心から願います。
また、輝く笑顔で

「ただいま!」

と、帰ってきてね。

N.Z. パワー

本日無事、8泊10日のご滞在を終え、これからニセコに向けてご出発の”チームN.Z“。
1002211

こんなに物騒な見かけですが、とっても礼儀正しい青年たち。
 

毎晩ウチのアイドルMきチャン相手に、ハッピーアワーのビールを山ほど飲んで

お支払い総額飲み物のみで60,000円超え。

なのに、毎朝赤倉の雪質に大喜びして

元気いっぱいにゲレンデにGO。
 

日本の田舎料理・妙高の地酒も喜んで召し上がって大満足、再訪を固く約束していきました。

 

Have a nice holiday in NISEKO

and

SEE YOU AGAIN!

なんだ坂、こんな坂

赤倉から18号線に下る道、

右手に急な坂道が見えてきた。

1002191

 

のぞくとなにやら看板が・・・

1002192
うーーーん・・・・
 

とめられると行きたくなるのが人情です。

だって、

おいしそうな匂いがするんだもん。
 

1002193
ほーらね!

 

ここは『東源』、

旅館から転身した地元のお蕎麦屋さん。

1002194
香り高い高原そばを打って下さるご主人は

笑顔の素敵なダンディーさん。

季節の天麩羅も絶品です。
 

坂を越えていく価値有り、

ただし、お車を坂の下に置くかどうかは、判断ミスのないように。

寒い日のうどん+アルファー

赤倉中央通の真ん中あたりのこの看板に

1002171

『商い中』の札がかかっていたら、迷わずGO。

 

階段を下りて、縄のれんをくぐれば

1002173
 

チリリーンと鈴の音と、この笑顔。

1002172
 

ここは村のうるさがたの集会所も兼ねるうどん屋さん、

”うどんの歩”。
 

1002174
冷え切った体を暖めてくれるメニューもあるけど
 

私はこっちに目が行きます。

1002176
白板の下の冷蔵庫からビールを取って
 
ここに座れば

1002177
思わずほっと一息ついてしまい

午後の予定も狂いがち、

あぶないうどん屋さんです。
 

ね、

だから私を連れてきちゃだめって言ったじゃない。

名物に旨いものあり

世のことわざに、「名物旨いものなし」と言われておりますが、

どっこい赤倉名物

1002165

のおまんじゅうは、

毎日作りたてが並びます。

1002161

 

つくるはコチラ

1002163
赤倉公民館長も務めるSちゃん。

 

こぉーーーんなにいっぱい!

1002162
 

 

ふわっとふかした2種類の皮に、たっぷりのこしあん。

1002166

毎朝10時ころにできあがる熱々まんじゅう頬ばれば、豆の香りが口いっぱいに広がります。

 

で、

ヒミツ、

       ヒミツ、

 

             ヒミツはね、

1002167
コレコレ、

一日ひとつ限定の、スペシャルまんじゅう。

 

そーっと、横から忍び込み、棚の裏に置いてあるおまんじゅうに手を伸ばし

バシッ!

とSちゃんに甲をたたかれながら奪い取ってくるのです。

 

私がニコニコ、中央通りを歩いているときは、強奪が成功した証し。

口元にあんこがついてたら、そーっとティッシュをわたしてね。

赤倉旨いもの紀行

赤倉には食べ物やさんがいっぱいあります。

ランチのお問い合わせも沢山あるので、

お散歩がてら、あちこちご紹介いたしましょう。
 

まずは、こちら、

1002141
大人も子供も、みんな大好きなピッツァリア”ポモドーロ”。

大きな窯には、いつも火が入っていて

お客様を待っています。

1002143

 

焼くのはこちら、

1002142
マスター・H。
 

実は奥様のMりさまは、赤倉では有名な魔女。

実年齢を聞いてびっくり、腰抜かす人、あと絶たず、

いまでは見かけの歳しか言わないとのウワサデス。

焼き上がりを待つ間に、ワインで酔わせて聞き出してみてはいかがでしょう。
 

そして、出来上がり

1002144
薄焼きのクリスピーな生地
                  とろけるチーズ

                      店名にもなっているイタリア産ポモドーロ
 

う~~ん、

YAMMY!
 

私のお奨めは素材の味を堪能できる『マルゲリータ』、

お肉とチーズの驚きの出会い『ピッツァポモドーロ』、これは癖になります。

春先にお奨めは、なんと”蕗味噌"のピザ、これも試す価値有り。
 

いかがです、赤倉でイタリアンランチしませんか?
 

え、場所がわからない?

    どうぞご案内いたしましょう。
え、相手がほしい?

    仕方がない、お付き合いしましょう。

え、ワインが飲みたいが多すぎる?

    ・・・・・・・・・・

1 2

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728