新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2016年2月

銭形平次のあんこ

山と渓谷社のM嬢は、いっつも素敵なお土産や、

美味しいお店を教えてくれる、ワタシの姐御です。

今回姐御が送り込んできたのは

妙高の取材、撮影をしてくださるクルー達。

 

ご到着の際、頂いたお土産がこちら。

ファイル 2016-02-29 15 27 45

神田神保町はすずらん通りの“文銭堂”さんのどら焼き。

こちらは

「こちとら江戸っ子、神田明神の銭形親分でい」の、

銭形平次最中が有名な老舗です。

「アンコがお好きだと聞いたので」、とご担当、

さすがM嬢、お土産指定までしてくださる♪

 

小ぶりで厚みがある、蜂蜜香る美味しいどら焼き、

朝から黙々と降る雪を、窓の向こうに見ながら

美味しくいただきました。

 

Mさま、春になったら、またランチしましょーね~!

 

 

冬模様

このまま春に突入か、

と、思いきや、

さすが赤倉、このままでは終わりません。

 

今日は朝からものすごい降りで、

あっという間に周りの景色は冬模様。

ファイル 2016-02-24 8 53 28

さてさて、どのくらい積もるかお楽しみに♪

 

 

ニュージーランドから

久々に降ったふわっふわの雪の中、

NZからお着きの、仲良し2人組みのおじちゃま達。

ワタシの蜂蜜好きを覚えていてくださって

お土産は、

DSC_0506

Honey comb と MANUKA honey。

綺麗な蜂蜜色と、濃い茶色と独特な香りの

なんとも幸せなカップリング。

 

まずはスプーンでヒト匙いただき、

にまにましながら、雪に反射する光に

目を細めるワタシ・デ・アール。

 

 

 

赤倉温泉お店チェック

知るヒトぞ知る、冬季のみのスペシャル営業、

ウチのすぐ脇の「居酒屋仙人」。

 

仙人みたいなとうちゃんが切り盛りする

10人も入ればぎっちぎちの小さなお店に

ここのお好み焼きを目当てに、夜な夜な人が通う。

ファイル 2016-02-12 10 28 50

粉が違うのか、焼き方がちがうのか、

はたまた“ウデ”が違うのか、

美味しいんだよな~~~。

ファイル 2016-02-12 10 30 33

かりっかり、で、ふぅ~んわり。

そしてたこ焼きは、とろっとろのあっちっち。

あ、画像はありません、食べちゃったからね。

 

開店と同時に一杯になっちゃうので、

是非とも予約してお出かけ下さいませ。

 

祈りのスノーマン

今年で4回目にもなるWeberさん、

いつもはお友達と一緒だけど、今回初めてお子様を連れていらした。

 

9歳になる双子ちゃんで、日本も雪も初体験。

どんなに楽しい休日になるかと、心を躍らせていたにもかかわらず

なんと一人が肺炎に。

セキが出るからちょっと見てもらってくるわ、

と、軽い気持ちで行ったのに、その日から入院。

 

レンタカーを借り、病院を行ったりきたりで

あれやこれやでてんてこ舞いで

初日はゲレンデに行けるはずもない。

そんななかでも子供は無邪気に雪を喜び

一人でスノーマンを作り出した。

DSC_0498

不安だったり、淋しかったりするでしょうに、

まるで病院にいる兄弟の代わりのようなスノーマン、

ニンジンを鼻につけて出来上がり。

 

明日の再検査で、退院できるかもしれないって、と

嬉しそうに報告してきてくれて、一安心。

 

雪降る夜、病院から抜けだした小さな心が、

スノーマンに宿り、この景色を楽しんだかもしれないね、

すっかり雪に埋まってしまっているスノーマンが

笑顔にみえた。

 

 

南山国際高等学校

毎年いらしてくださる、名古屋の南山国際高校の皆さま。

 

お天気にも恵まれ、大きな怪我も無く、

元気いっぱい、3日間をゲレンデで過ごしてお帰りになりました。

国際高校、という環境ゆえか、

大きな縛りの無い中で、自分で考え行動する、

と いうことが、スムースにできる高校生で、

ゲレンデから帰ってくると

「楽しかったー!」という声が響いたのも印象的でした。

 

最後の今日は、雪にまみれておふざけも。 DSC_0496

今日という日が心に残る日であったことを願いつつ、

お見送りしたワタシ・デ・アール。

 

初めてみる景色

先月から10泊してくださっていたお客さまは

オーストラリアのpowderhoundというサイトを運営している

グレッグさんとリンデルさん。

今朝、ミエコミエコ、見てごらん、と

PCをフロントに持ってやって来た。

で、見せていただいた写真を見て、

ぶっ飛びましたぁぁぁぁぁ~~~!

DJI_0037

こんなのや、

Myoko (32)

こんなのや、

DJI_0001

こんなのから、

DJI_0029

こんなのまで、

Myoko (29)

まだ、まだ

こんなのが、いいぃぃぃーーーっぱい!

 

初めて見る景色に、みんなで太興奮。

素晴らしい写真を撮ってくださった両氏は

今日から5週間かけて本州を北に向かって

進んでいく、という。

 

おりしも今日はワタシの誕生日、

生まれて始めて見た、こんな景色のプレゼントをありがとう、

両手を振って送り出したの・デ・アール。

 

Dear GREG and LYNDELL,

Thank you so much for these fabulous photos on my birthday.

I wish this trip will become one of the greatest  memories of your life.

Be safe and have FUN!

 

 

 

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29