新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2013年6月

女子会ぷらん♪

梅雨の時期が終盤に入り、

夏に向けて、遊びに仕事に大忙しの女子の皆様、

夜更けまで巷で遊ぶのなら

思い切って泊りがけで女子会、しませんか?

 

温泉ゆっくり入って、

おしゃべり楽し、

ご飯は美味し、

帰るのも少し伸ばそうか?

 

で、

特製メンチカツサンドをおつけしました♪

 

知る人ぞ知る、山口屋肉店のメンチカツを

ウチのサンドイッチ用に特別サイズで作ってもらい、

秘伝のソースと、芥子マヨネーズで

ボリューミーなのに、味わい軽やか。

 

酸っぱいのが苦手のワタシが漬けた、

この世で一番美味しいと自負する

きゅうりのピクルスが入ったメンチカツサンド、

是非お試しあれ!

 

 

 

真夏の果実

今年はあちこちで花が満開!

と、おもっていたら、

やはりあちこちで、

木の実が豊作!!

 

梅の実がいっぱい届いたり、

山桑の木が真っ白になるくらい花が咲いたり、

山椒の実がびっしりついたり。

 

今日、板前が

「庭のグミが色づきだしましたよ」と

採ってきた。

 

山の木々も、春の花が終わり

夏や秋に向けて、実をつける準備をしている。

 

で、ワタシはと言えば

隣の栗の木の、満開の花を見ながら、

トラヌタヌキノカワザンヨウに

励む日々・デ・アール。

 

 

Let’s think pink!

昨年一泊だけした婦人科病棟で、こんな会話を聞いた。

「温泉、行きたいねぇ」

「うーん、でもこの頭じゃねぇ」

「貸切風呂、あるじゃん」

「そうなんだけどさ、

人間不思議だね、前は貸切風呂って憧れてたんだけど

こんな病気してからは、でっかいお風呂にザブーンと入りたいんだよね」。

その人たちは、放射線治療をしていた。

 

その後、乳がんの手術をしたかたと話す機会があった。

「温泉入りたいけど、周りがびっくりするのがいやで」

「隠せばいいじゃん」

「湯船に入るときが大変なんだよ、あとはいいんだけどさ」。

 

私たちにできること、

あるんじゃないかと思った。

 

どんなこと、してあったら嬉しい?

ゆっくり入れる?

聞いてみたら意外にできそうなことがいくつもあった。

チェックイン前の入浴、

空いてる時間のご案内、

タオルの追加無料貸し出し、

また、只今、湯船に入るときの専用ガーゼタオルをお作りしていまして

そちらはお持ちなまま、入浴できるようになっております。

来月には出来上がると思いますので

また、ご報告いたします。

 

こんな宿がこんなサポートをしています。

 

だから、

温泉、入りに来て下さい。

 

Let’s think pink together.

 

 

 

 

Morry危うし

ウチのモリアオガエルのmorryは

毎年この時期になると、同じ池に卵を産んで

かわいいオタマジャクシたちの生育を楽しませてくれるのだが

今年は

危うし!!

 

だって、

卵からかえったオタマ達が、池の中に落ちないといけないのに

水面からこんな遠いところに産んでいる。

 

ワレラMorry育成チームは、四六時中窓からのぞいては

「どうする、どうする」と、ワタワタしいているのだが

未だ解決策は無い。

 

どなたか、安全な卵移動の妙案はございませんでしょうか・・・。

 

チエコの梅ジャム

横浜に住むチエコさんは、お料理上手。

お正月のお節は、きんとん・膾・黒豆が

待ちわびている暮れに送られてくる。

 

で、夏は

梅ジャム♪

 

今年も18キロの梅と大格闘のすえ、

こんなにきれいに仕上げてくださいました。

 

夏休みの間中、バイキングの人気者は

ぢつは横浜発なの・デ・アール。

 

 

夜のラディッシュ

ウチの夜警のT橋さんは、

趣味と言うには大きすぎる畑を持っていて

決して沢山ではないけれど、

丹精した旬の野菜をおすそ分けしてくださる。

 

昨日いただいたのは、

真っ赤なラディッシュ!

 

かじるとパシッとしぶきが飛ぶ。

川一本またいだ信州の

高原の霧がはぐくむ瑞々しい野菜。

 

今日の夜も、いそいそと

何かを持ってやって来る、ニコニコ顔が待ち遠しい。

 

私にとっては美味しい“夜の野菜”デ・アール。

 

 

 

光の宝石

昨日、久しぶりに一日中降り続いた雨に

山の木々や、庭の草花の嬉しそうなこと。

 

今朝、陽の中、あちらこちらでキラキラ光るものがある。

それは、

 

ハリーウィンストンだって

ティファニーだってかなわない、

私の宝石箱。

 

とても大切な、

そして、とてもいとおしい。

世界にひとつの宝石箱です。

 

あなたも、そっと、

開けに来ませんか?

 

 

 

 

 

 

お帰りMorry

いる、

確かに、いる。

だって、声が聞こえるもの。

でも、姿は見えない。

 

そう、

モリアオガエルのMorry、

今年も無事ご帰還。

 

電話してみてください、

BGMはかえるの歌声、

今日の雨降りが、楽しくなるような大合唱。

 

明日は朝から、Morryの卵探しに身を投じるワタシ・デ・アール。

 

 

 

 

 

夏の芸術学校

今年で18回を迎える

“妙高・夏の芸術学校”。

今年は、開校式に宮田学長を迎え

7月25日から開催されます。

詳細はこちら

 

素晴らしい講師陣、

爽やかな高原の風、

雄大な自然、と、もちろんアフタースクールのお楽しみ♪

初心者から上級者まで、思う存分創作活動に

打ち込める学校です。

 

ウチでもご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

夏の高原の学校でお目にかかりましょう!

 

 

ブラックベリーの花

門の脇に、白い花が咲いた。

そう、

ブラックベリーの花。

 

大きなギザギザの葉っぱに隠れるように

可憐な花を咲かせていて

この花一つ一つが、

黒い宝石のような、ブラックベリーになる。

 

いいえ、

数えていませんったら!

トラヌタヌキノカワザンヨウ。

 

現在の敵は、蟻と鳥たち。

立て札立てても読めません。

 

 

1 2

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930