新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2016年4月

赤倉温泉200周年記念イベントオープニング

先日採ってきたチューリップで、

赤倉温泉開湯200周年記念イベントの

オープニングです。

DSC_0397

時折り降るみぞれ雪に泣かされましたが、

花をかまっていると、寒さも忘れます。

DSC_0395

皆さま目を楽しませるチューリップの花々、

一日でも長くもって欲しいと、切に願うワタシ・デ・アール。

 

 

 

チューリップを摘みに

女将会恒例の「胎内チューリップ摘み」に行ってきました~!!

DSC_0365

今年は気合が違います。

だって、4月29日、赤倉開湯200周年記念イベントで

チューリップミニアレンジメント、やるんだもーーん♪

 

昨年までそうげん祭に合わせていたのですが

今年は赤倉中央広場で

手作りマーケットも合わせて開催。

ただし、チューリップがなくなり次第、アレンジメントは終了です。

 

帰りのバスの中は、むせ返るような花の香り。

是非、皆さまもお出かけ下さい。

 

花を活ける

当館内の花は、すべて大女将が活けています。

 

ほとんど買うことは無く、野の花、山の花、里の花を

一輪いちりんが、一番美しく見える姿であるように

花とおしゃべりをしながら、楽しみながら。

ファイル 2016-04-24 7 45 27

花バサミの音を追うと、大女将がいます。

 

どうぞ、皆さまのご滞在中、お楽しみいただけますように。

 

春爛漫の花盛り

山はうすく煙るように緑に萌え、

庭にも競うように花が咲き、

日々、その姿を変えていく。

DSC_0355

文字どおり、

DSC_0357

春爛漫、

DSC_0359

にて、候。

 

これから山吹が咲き、紅白椿、コブシと

ウチは母が大忙し。

ワタシはしばらく、山賊のアッシーでございます。

 

 

 

 

クロネコヤマトのどら焼き

宅急便を配達に来た、クロネコヤマトのおにーさんが、

「こちら、よかったら・・・」と、くださったのが

コレ。

ファイル 2016-04-18 16 07 49

あら、40周年なのね、

中身はクロネコ印のタオルかしらん、なーんて、

何の期待も無く(スミマセン、おにーさん)開けてビックリ玉手箱。

 

ファイル 2016-04-18 16 07 26

えっ・・・・・!!

どら焼き!!!!

しかも、文明堂!!!!!

 

いやーーー、見直しました、そのセンス。

わーい、わーい、と、喜ぶワタシに

おにーさんのひと言、

「まあ、10年に一回のどら焼きですな」。

 

ははぁーー、

ココロしていただきますとも、

クロネコヤマトのどら焼き。

ファイル 2016-04-19 10 41 14

文明堂のらしい、ふんわり香る卵の香り、

少し甘めのしっとりとした皮に、

甘さ控えめの小豆の餡が

ベストマッチ。

台湾のYUさんに頂いた、優しいお味のウーロン茶をお供に。

ファイル 2016-04-19 10 48 46

 

火の国の方々のご心労をおもい、

今日の無事があることは、当たり前ではないことを

痛切に感じながら、頂くどら焼きです。

 

 

 

 

火の国を想い

東京時代、在籍していたファッション業界の第一人者の事務所は

なぜかしら、九州出身者がとっても多かった。

最近SNSで、連絡も取れるようになり、

ムカシバナシに花は咲かず、

みんな今をしっかり生きていて、勇気も元気もいっぱいもらった。

 

遠く離れていても、他人事ではありません。

K賀ちゃん、Iミツくん、Mぶくん、Sなくん、

Cっぷさん、S津やB場ちゃんはご家族がまだいらっしゃるはず。

 

どうぞ、心穏やかに過ごせる日がくるように、

早く笑顔が戻るように、

祈らずにはいられません。

 

被災地に向けた、とか

協力、とか言う言葉、

ちゃんと噛み砕いて、消化してから、

できる事に一歩踏み出そうと思います。

 

いつもいつも、想っているよ、

どうぞ、無事で、元気で、いてください。

 

被災地の皆さまのご無事と安全を

心よりお祈りしています。

 

 

 

なごり雪

春のなごり雪。

DSC_0348

ワタクシとしては、決して某海洋動物、ではなく、

天に帰った方を想い出す朝、でございます。

 

今日も1日、丁寧に。

 

 

 

山の恵みがでてきましたよ

春の来るのが早い早い。

 

桜に水仙、雪やなぎ、

れんぎょう、花桃、雪割り草、

あれよあれよ、という間に咲き急ぐ

花にばかり気をとられていたら、

おっとどっこい、忘れちゃならぬ、と

こんなものまで今日届いた。

ファイル 2016-04-10 15 27 52

さあて、にわかに忙しくなってきたのは

山賊、もとい、板前たちの胸中で、

やおら取り出し、点検始めは

手袋・ナップサック、帽子に手ぬぐい、長靴の

山菜採りグッズでございます。

 

いつもは「連休後までお待ち下さい」と、申し上げている山の恵み、

今年はそろそろ皆さま、心積もりをお願いします。

 

 

 

山の春

日陰には、まだ雪が少し。

DSC_0514

 

雪が消えるそばから生えてくるフキノトウは

今年の春は、伸びるのが早い早い。

DSC_0515

 

暖炉用の薪も、これっぽっちになりました。

DSC_0516

 

ほうら、石垣には、柔らかそうな土筆がびっしり。

DSC_0517

 

今年の山の春は大忙し、

美味しいものや、美しいものが目白押し。

 

都会や里の春もいいけれど、

もう少し、早春を楽しみませんかしら?

 

 

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930