新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2013年11月

積雪15cm

朝、窓を開けると、

まぶしい光に照らされた、

美しい雪景色。

 

まず、思ったことは、

あぁ、昨日じゃなくてよかった(笑)。

お客様のお見送りは、男性陣の出動です。

さあ、

冬本番、

体調・心調、整えて、

GO!

 

 

年末の大仕事

朝、飛び起き、窓を開ける。

あぁ、

晴れた。

朝7時半、

玄関脇のスキー小屋の前で

がやがやと声がしだした。

 

冬囲いの下で、色付いている紅を見ながら近づけば

目に飛び込んできたのは、

勢いよくほとばしる山水と、その水に洗われた

野沢菜。

 

そう、今日は一年の大仕事、野沢菜漬けの日。

 

一週間前から天気予報を気にしつつ、

雪でも、雨でも、この日と決めた日に洗って漬ける。

昨日までの天気とうって変わり、

風も無く、寒さもあんまり厳しくない。

さっき、ちらついていた雪もやみ

思いがけずの野沢菜日和。

山水もぬるく、手も痛くない。

丁重に、丁重に洗います。

今年の野沢菜は、霜にあい、雪に降られ

折れているところもあるけれど、太く柔らかそうな上物です。

食べられるようになるまで、少しお待ちを、

1週間もすれば浅漬けが食べられます。

どうぞ、皆様、

お楽しみに!

 

HappyWedding

お父様とお母様に手を引かれ

初めてウチにやってきたその子は、

両手にいっぱい電車のおもちゃを持って

大きな頭をぐらぐらさせながら、にこにこよく笑う子だった。

 

それからいくつの夏をここで過ごしたろう。

何泊かなさるウチを拠点に、

え、そんなところまで行ったの?

というくらい、あちらこちら出かけ、

毎年毎年、家族旅行を楽しんでいたけれど

いつしか一緒に来るのは

いつも目元が笑っているような

可愛らしい女の子になっていた。

 

 

電車のおもちゃはヴィオラとヴァイオリンに変わり

ウチの従業員たちに

“キコキコのおにーさん”と呼ばれながら

優しい日差しの中、いつまでも二人で弾いていた

そんな二人が、このたび

HappyWedding.

 

ありきたりの言葉だけれど、

いつまでも幸せに二人で時を刻んでいくことを

心から願っています。

いつか、あなたが小さな手を引いて

いつものように「ただいま」と、帰る日がくるのが

今から楽しみでなりません。

 

Congratulations on your marriage.

May your life together be happy forever.

 

 

 

季節限定・妙嘉餅

温泉饅頭販売の萬壽堂さんでは

この時期、季節の限定品を出す。

その名も、

“みょうがもち”。

 

柔らかいお餅が、しっとり・あっさりの餡子に包まれ、

やや大ぶりながら、口に入れるととろけるようで

餅を食べているのか、餡を食べているのかワカラナイ。

あ、マズイ、

と思ったがもう遅い、

取り出す特製のヘラがとまらない。

つぎつぎと頂いてしまう美味しさで、

風呂上り、フロントを通りかかったお客様にもオススメしたら

たっくさんお買い上げ、毎度あり。

 

今月いっぱいの限定販売です、

お買い損ねの無いように、どうぞお声をかけてくださいませ。

 

 

 

 

新潟観光展於台湾

やっまーーーー

うっみーーーー

プロペラーーーー

 

で、

 

台湾ーーーー!!

 

いえいえ、

遊びじゃあないですよぅ。

「新潟県に来てください」のPRで、行ってまいりました。

 

出かける日は晴れ渡り、新潟空港までの景色も

ご覧のとおりの素晴らしさ。

台湾では、現地の方々を訪問させていただき、

エージェントを招いてのレセプションもあり、

地下鉄駅でのデモンストレーションもこなし、

最後の日は朝市に出かけたりと大忙し。

でも、親日家が多いと聞いていたとおり

皆様本当に歓迎してくださり、

すべてのスケジュール、無事終了。

たくさんの方が新潟を、妙高を訪れてくれることを

心より願い、今回の旅は終了いたしました。

 

その頃、ニッポンでは

例年より早い降雪に、ドタバタしているシャチョーがおったとさ。

 

多謝、再見。

 

 

 

 

 

降りつづく

いつか止むと思っていた夜半の雪が

一晩中降り続き、

外はすっかり、冬景色。

葉に雪をたっぷりのせて、いかにも重そうな木々。

 

こんな中、リース作りの二名先生がいらっしゃって

山の紅葉でリース製作中です。

 

雪見露天風呂ついでに、ご覧になりにいらっしゃいませんか?

 

まだまだ雪は降りつづいています。

 

 

 

白い魔法使い

昨夜から降り続いた雪が、やんだ朝は

急いで長靴を履き、外に出る。

 

白い魔法使いが見せてくれる景色を

楽しめるのは、ほんの一瞬。

透明のキラキラ光る杖を持ち、

白いスカートをひるがえし、

楽しそうに飛び回る、彼女の姿が見えるよう。

 

赤倉の、冬が始まりました。

 

 

 

初雪

朝から天気予報にはでていたが

まさかこんなに真剣に降ってくるとは・・・

雪を待ちわびていた皆様、

初雪、きましたよ~~~!

 

 

 

 

雨の日曜

北陸から日本海にかけて大荒れ

との予報で、せっかくの日曜なのにがっかり。

 

でも、ウチはこんなです。

風は少し出てきたけれど、そんなにひどくはありません。

 

そうぞ、お出かけ中止組の皆様、

温泉でゆっくり、の、日曜日も

たまにはいいものですよ。

 

 

 

コサージュ

手先が器用、

センスがいい、

と、いうのは、まったく持って羨ましいことである。

こればかりは

望んでも手に入れられない、

努力しても叶わない

神様からのギフトだと思う。

 

ウチの叔母は、とても美しい人である。

そしてまた、この貴重なギフトを贈られた人でもある。

幼い頃から、彼女の着こなしや持ち物にどんなに憧れたことだろう。

”ちょっと趣味で”始めたアートフラワーで

飯田深雪に認められ、長くスタジオに勤めていたが

時折母に贈られてくるコサージュは

それはそれはため息が出るほど綺麗なものだった。

 

 

今回、ウチの売店用におねだりしてつくってもらったそれらは

いとおしそうに作る姿までが目に浮かぶ逸品です。

 

 

各1,800円で販売いたします、

どうぞ、ご覧になってくださいませ。

 

 

1 2

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930