新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2012年12月

憧れの♪

甘モノ好きなワタシですが、

ぢつは粉モノ系があまり得意ではありません。

美味しいといわれるクッキー、焼き菓子食べても

もそもそしている感じが、いまひとつ心が揺さぶられない所以。

 

が、しかーし、

今回頂いた、こちら

DSC_0004
romi unie

ケイクジャンジャンブル。

大好きなしょうがのケーキです。

 

これが、美味い。

しょうがの香り、たっぷり

バターの風味、たっぷり

しっとりしているのに、くどくなく

ぱさぱさ感は一切無し。

紅茶はもちろんですが、ワタシはこれで酒が飲めます。

 

ジャムやカップケーキで定評のある方が作っている焼き菓子、

クッキーも美味しそうで、楽しみです。

 

いっただきまーーーすっ!

 

妙高3種の新酒

皆様、

大変お待たせいたしました。

Sinnsyu
妙高三酒蔵 限定酒の到着です。


ポイントは、この酒ができたての新酒だということです。
いわゆる、ヌーヴォーです。

日本酒は一年間、以下のように作られます。

12月~3月  寒造り ・・・・ 仕込みです。

4月~10月 熟成  ・・・・ タンクの中で静かに熟成されます。

酒を検査するため、タンクの呑口を開けることを「呑切り」といいます。
気温が上昇し酒質が変化しがちな6月頃に「初呑切り」が行われ、
以後気温の下がる10月頃まで月一回ごとの「呑切り」を経て
もっとも飲み頃になる秋に出荷されます。

10月 出荷 ・・・・・ 秋あがり 冷やおろし とも言う
※今、流通している酒は昨年のお酒なのです。


千代の光『霞酒』微発砲。
君の井『妙高限定酒』搾りたて生。
鮎正宗『毘』純米にごり酒。

限定酒なのでなくなり次第終了です。
ぜひお試しください。


 

ちびっこ天国

雪は、チビッコたちにとっては魔法の雲。

飛び込んで埋もれ、

乗り越えて別世界へ

天辺に上れば王様気分。

DSC_0321
早朝お着きにもかかわらず、げんきいっぱい跳ね回る

スイトピアさまご一行。

 

DSC_0320
突風に、歓声を上げ、

寒いんだけど、あったかい雪国を満喫です。

本日から3日間、けがの無いよう祈っています。

 

Have fun boys and girls,

Snow loves you!!

 

 

福をよぶ

ご両親のかげに隠れていた小さな兄弟が

いらっしゃるたびに大きくなり、

とうとうお兄ちゃんは、お父さんと肩を並べるほどになりました。

DSC_0314
シーズン初めに毎年いらっしゃり、

うちに福をよんでくださるご家族です。

 

今年のお土産は

DSC_0312
東海道五十三次、桑名宿の"安永餅”。

 

DSC_0313
かりっと焼けた香ばしい皮に、

丁寧に作ったであろう、小豆の旨みがほどよく絡む。

こちらもさっき頂いたばかりの、静岡の焙じ茶とベストマッチ。

 

外は雪、

でも、心はほっこり暖かく、

福がやってくるのを感じます。

 

今日も元気に、丁寧に。

 

 

 

今季初の♪

毎年ウチのスキーの幕開けは

DSC_0297

なんと今回で41回目!

DSC_0304
伝統ある女子高の、伝統あるスキー教室です。

 

6年参加というツワモノもいらっしゃったくらい

学校が大切に育ててきた教室です。

ここでのスキー体験が、

今は見えないけれど、体の芯に静かに潜み

彼女たちの人生に何か、関われますように。

 

DSC_0299
いってらっしゃい、

 

DSC_0303
いってらっしゃーーい!

温泉鯉

雪がフルフル、

雪が降る。

DSC_0289

山にも庭にも

雪が降る。

お池の鯉にも雪が降る。

DSC_0291
でもね、

ウチの鯉は、ぜーんぜんへいっちゃら。

だって、温泉だもん♪

 

廃湯を利用しての雪消しの池は

ほかほかあったか、湯気が立つ。

 

鯉もいるけど、夜半には、

タヌキにムジナに、大盛況。

夜中にこっそり覗いてみれば

雪見露天の宴会に、ご参加されるもご一興。

 

化かされたと泣きを見るか、

楽しかったとほろ酔いか

次の朝のお楽しみ。

 

ねぎっこ in 越谷レイクタウン

いやー、おどろいた。

 

先週の土曜・日曜と、

越谷にあるイオンレイクタウン店で行われている

『新潟フェアー』の観光キャンペーンのお手伝いに行ってきたのですが

そこでのステージイベントは、新潟ご当地アイドル゛negiccoネギッコ”のライブ。

DSC_0145

彼女たちのパフォーマンスの素晴らしさにも驚いたのですが、

それにもまして驚いたのは、その応援団。

 

ステージの時間が迫ってきたら、どこからともなく

わらわらとわいて出てきた青年団。

客席をぐるっと取り巻いて、静かにステージを注視しています。

その物静かな青年たちが、ライブが始まうと一転、

いつの間にか、全員の手に握られているのはペンライト。

ん?

なんかちがう・・・

あっ、

ネギ・・・・っ!

DSC_0145-2

そう、

穂先がグリーンのネギのペンライトを

嬉しそうに振りかざし、飛んだり跳ねたり、

一糸乱れぬ声援とダンスで

コチラは、応援団のパフォーマンスに大興奮。

 

あーー、楽しかった。

あのネギ、欲しい・・・

また一つ、密かな野望に燃えるワタシ・デ・アール。

 

 

 

ル・レクチェ

新潟の果物と言えば

DSC_0286
ル・レクチェ。

 

が、

届いた♪

DSC_0287
でもね、すぐには食べられないの。

 

①色

パステルイエローからやまぶき色(完熟バナナのような色)

②香り

甘い香水のような芳醇な香り

③硬さ

手に持つとやや弾力がある感触

この3つがそろったときが“食べごろ”ですって。

 

水分の蒸発を防ぐ為、袋に入れたまま

室温で保存。

 

お口に入る直前まで、美味しくなろうとするル・レクチェ、

これから毎日まいにち、フロントでのにらめっこが始まります。

冬の朝

「パリン」

音がしそうな冬の朝。

DSC_0283

雪が舞いおり、静かな朝は

温かいお茶でも飲んで、ゆったりと始めましょう。

 

今日も元気に、丁寧に。

山の神

お山の神様、大忙し。

雪はこんこん、

風はびゅうびゅう。

 

わっちらだって負けちゃあおられん。

雪んこは門前払い

風太郎だって逃げかえる、雪囲いのできあがり。

DSC_0280

お山の神様、またおいで。

 

1 2

2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31