新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2015年11月

冷たい朝

キーンと冷えた空気が、

冬の到来の緊張感漂わせる、今朝の赤倉。

道路の雪は、もう消えてしまったけれど

庭は白い絨毯。

 

やっと来た冬、

とうとう来た冬、

冷たい朝の光が、すこし笑った気がした。

 

 

 

白い世界へようこそ

寒い寒い、と、いいつつ、雨の上越から帰宅すれば

18号線途中から、雨はみぞれに変わり

赤倉に着いたときは、うっすらと積もり始めた雪。

夕方暗くなり始める頃には

 

庭はもう真っ白。

 

山は頭からすっぽり雪に包まれ、

冬の幕が開きました。

 

ようこそ、

白い世界へ。

 

 

 

フロリダからの便り

今朝早くに届いたエアメール、

遠くフロリダからの小包みで、差出人は先日お泊まりのMs.V。

封を開けたとたん、立ちのぼったいい香り、

心のこもったお礼状と、ご自身の扱っているコーヒーのパック、

しかも、ワタシの大好物のフレンチロースト。

 

一泊だけのご宿泊なのに、

自家製のドライマンゴーや、暖かなショールまでいただき、

そして今日また届いた、温かい言葉の詰まったお礼状と、香り高いコーヒー、

本当に、嬉しい朝になりました。

 

ご自宅には、たわわに実るマンゴーの木があるそうで

ご主人が手作りするドライマンゴーのお味は絶品でしたが

今回のお便りの住所は「Mango Avenue」、

なんて素敵な名前でしょう。

遥か遠くの暖かいフロリダの街並を想像して

幸せなコーヒータイムをいただきます。

 

冬の前の連休、

どうぞ皆さま、お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

暖炉の修理

40年以上、真夏の頃の一週間を除いて

毎日かかすことなく焚いてきた暖炉が

ファサードの部分欠落、耐熱煉瓦の破損等、

とうとう限界になりまして

修理をいたすことになりました。

灰がすべて取り除かれ、剥き身になった暖炉の

あまりの姿に、皆絶句。

よくぞ、ここまで働いてくれた。

 

職人さんの手で、

丁寧に補修。

昔のレンガだから、今のものとはサイズが合わず

随分手間暇をかけられて、ひとつひとつ重ねこんでいきます。

 

1週間の治療を終えて

無事、修復終了。

 

前面の煤汚れが気になるなぁ、とぼやいたら、

「これが暖炉の味です」と職人さん。

そうね、これが暖炉の年輪ね、と、そのままに。

 

冬将軍を待ちわびる今日この頃、

暖炉の薪は、暖かく燃えています。

 

 

 

ジャム勢ぞろい

忙しかったジャム作りも、一段落。

大量の林檎に加え、

今季のお初は、「マスカットと生姜のジャム」です。

 

お味はサイコーに美味しいけれど、

多少難有りのマスカットを大量にいただき、

悩むこと3日、

甘いだけではなく、ピリッとしたスパイスを利かせた

生姜入りのジャムにしました。

 

これは、クリームタイプのチーズではなく

白カビ系のチーズと好相性。

田舎パンや、酸っぱめのパンがあったら

どんなに美味しいか・・・・と、田舎で夢想しながら頂きます。

 

美味しいパンが数多ある都会の方、

冬の朝、美味しい朝食のために

パン持参でいらしてはいかがですか~?

 

 

林檎の日

今日みたいな休日は、

朝の雨のせいか、訪れる人も、電話が少なく、

林檎を煮るに、絶好の日和。

 

1時間半かけて剥いた林檎、約13kを

ひと抱えにもあまる大鍋で、煮ていきます。

 

館内中、甘い林檎の香りでいっぱい!

今年の成田園の紅玉は、蜜も入り、素晴らしい美味しさ。

一度で約30個のジャムの出来上がり♪

 

さて、もうあと数ラウンド、

冬の皆さまの笑顔を想い浮かべ、

がんばるワタシ・デ・アール。

 

 

 

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30