新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

うちの主人の唯一の趣味はアボカド生育です。
東京から15年前につれてきた紀伊国屋生まれのアボカドは、こちらの寒さにも負けずにすくすく育っています。地元っ子の仲間も増えて、何本かは里子にだし ました。日々成長していくアボカドとお客様の声にはげまされ商いを続けてきましたが、この度私のページを作るにあたり、皆様に香嶽楼の成育をお知らせし、 見守っていただけるよう、このブログを『アボカド通信』と名づけました。

村山 美枝子
2006年

ご注意!お車でお越しのお客様へご案内

いつも香嶽楼にお越しいただきありがとうございます。

連休前日、お車でお越しのお客様にお知らせです。

 

日本全国、雪の情報で、赤倉も例外なく大雪で、

あちらこちらの道路が積雪で走行困難になっております。

ナビシステムでお越しの方は、特にご注意くださいますよう

香嶽楼までの道案内をさせていただきます。

 

赤倉温泉に入ってくると、左にウサギのビルが、

右手に赤倉インフォメーションセンターと郵便局があります。

ここが赤倉温泉入り口です。

 

ここからまっすぐに温泉街を進んでくると

お土産屋さん、お饅頭屋さんがあり、

T字路に突き当ります。

ここで右手をご覧いただくと、香嶽楼の看板があります。

(看板の後ろの建物は当館とは関係ありません)

この看板の真下左手が入り口です。

滑りやすいので気をつけてギアをローにしていらして下さい。

雪の壁を抜けると、

正面玄関です。

右が駐車場です。

左が当館の玄関です。

ご覧のように、凄い積雪です。

 

まず、4WDのお車でないと入るのは危険です。

FFまたは2駆の方は、温泉街入り口の町営駐車場のお停め下さい。

スタッドレスを履いていても、チェーンは必須です。

先ほどご紹介したインフォメーションセンターの脇が入り口です。

どちらにお停めいただいても一泊1000円です。

約450mですので、クレープやホットドックに惑わされぬよう

お越しくださいませ。

 

また、妙高ICからは以下の道をお通り下さい。

IC下りて最初の信号R-18を左折。

すぐのトンネルを抜けて2つ目の信号「豊橋」を左折。

角にセブンイレブンがあるので目印にしてください。

そのまま道なりに登ってくると約7分で

新赤倉温泉、カンコーリゾートのゴンドラを通過し

赤倉温泉に入ってこられます。

 

ナビゲーションシステムは最短距離を示す場合があり

大変危険な道をご案内する場合が多々ございます。

 

せっかく楽しい週末、事故やスタックなどでお困りにならないよう

お気をつけてお出かけくださいませ。

 

皆様の御来館心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

光りを信じて

からりと晴れた朝は

空気がキーーンと研ぎ澄まされている。

 

目の前には白と青の世界。

 

 

思わず3階まで登ると、

広がる青のグラデーション。

 

大変なことや、辛いことがあっても

そう、明けない夜はなくて、いつも陽は昇り,

雲で見えない時も、いつも太陽はそこにある。

それを感じ、信じ、温かさを受けて前に進もう。

だいじょうぶ、ダイジョウブ、大丈夫。

 

今日も元気に、丁寧に。

 

Sara,we love you.

 

Week end Breakfast buffet オープン♪

ウチの朝食一等席が、こんな眺めになりました。

 

週末のみ、Week end Breakfast buffet オープンしてます。

7:30~9:00、

朝早くご到着の方、他の施設にお泊りの方、

どうぞお気軽にお越しください♫

3月22日まででーす。

 

雪のち雪、のち雪雪雪、のち晴れ

おはようございます。

ドカ雪続きの妙高・赤倉温泉に

ようやく青空が覗きました。

 

毎日降り積もる雪で、フロントからの景色も一変し

 

玄関からやっと駐車場が見える、

そんな朝です。

 

雪質はサイコー!

天気もサイコー!!

 

今日ゲレンデに行く方々は、

ご自身の腕が上がったと思われるでしょうが

それは、間違い・妄想です。

雪質が、あなたを名スキーヤ―・名ボーダーにしていることを

どうぞお忘れなく、思う存分お楽しみください♫

 

Everybody,

Have a nice weekend!

ミチシルベ

暮れの御礼も、新年のご挨拶も

ご無礼し放題で明けてしまい、

来たる2022を物語るような怒涛の年始年末を抜け

気がつけば、本日、1月10日。

皆さま、新しい年をどのように過ごされておられますでしょうか。

 

まるで映画か小説のような事が現実に起こり

いままでの当たり前がそうでなくなってしまった2021年。

何をどうとらえて生きていけばよいのか、

過去の常識が覆されてしまい

未来が見えなくなってしまった日々。

胸が押しつぶされそうな不安。

永遠に続くような闇。

そして、終わらない戦いと、起こる新たな戦い。

 

そんな2021年は

起こってしまった現実から逃げず、

それでも楽しみや喜びを心から感じられるように、

“生きる”というのが

私のミチシルベでした。

 

そして2022年、新しいミチシルベは

“夢”です。

どちらに行けばいいのか

何をしたらいいのか迷ってしまったとき、

大きくても、小さくても

胸の奥に灯されたろうそくのあかりのように

暖かく、明るく、ワタシを導く

“夢”というミチシルベに従って歩いていこうと思います。

 

新年、明けましておめでとうございます、

今年も香嶽楼を、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

趣味の和菓子 ささま

今季お初のスキー客は、当館のご常連K谷様。
いつも美味しいお土産を携えてご来館くださる。

今日のお土産は、
コチラの紙袋。

 

創業1931年、

駿河台下ささま

 

の、松葉もなか。

 

小ぶりな箱を開けると、何とも美しいたたずまいに息をのむ。

こんな時間だというのに、

いやいや最中は当日でしょー!と、いそいそ手に取ると

皮の香ばしさが指に伝わってきて

コレハチョットチガウワ、と頭の後ろがチカチカする。

 

ひとくち頂くと、さくりとした食感のあと

餡が口の中で溶けるよう。

濃いはずの、しっとりしたこし餡なのに、後味は意外とさっぱり。

 

ついもう一つ、と頂きたくなるが

いやいや、やはりここはお抹茶立てていただく事にします。

ということで、二つ目は明日に持ち越し。

 

美味しいお菓子は人を幸福にする。

明日もまた、元気に、丁寧に。

準備万端の野沢菜

奇跡のように晴れた朝、

恒例の野沢菜漬けです。

 

今年の野沢菜は、霜にもあい、雪にも降られ

ここ数年でもトップレベルの出来栄えです。

 

山水を使って洗うので、ちっとも冷たくありません。

あーでもない

こーでもない

と、おしゃべりしながらどんどん洗っていきます。

 

終盤は白菜と野沢菜の掛け合わせ「やわらか菜」の

醬油漬けの仕込みです。

 

すべて洗い終わった後は

香嶽楼名物、野沢菜の蕪漬けの準備です。

綺麗に洗った蕪は、きめ細やかな白肌美人。

寒風に数日晒してから仕込みます。

 

美味しくなぁれ、の呪文も忘れず、

無事今年の野沢菜漬けは終了しました。

 

あとは暗い漬物小屋で、じっくり発酵を待ち

皆様のお口に入るのは、今月20日過ぎになるでしょう。

乞うご期待!

 

筑波の焼き芋

突然ですが、

皆さま、焼き芋って、召し上がりますか?

 

ワタシはあまり頂きません。

だって、お腹いっぱいになっちゃうんだもん・・・

 

し・かーし!

この都度、美味し――い焼き芋に出会いました!

筑波の焼き芋や「かいつか」さん。

 

写真が悪くて申し訳ございません。

 

ウチの写真部が不在のため、アシスタント(ワタシ)が撮りました。

ねっとーーりしたお芋は、蜜たっぷりで

それはそれは極上の美味しさ。

そんじょそこらの焼き芋とは、全く異なるシロモノでした。

冷凍するともっと美味しい

とのご助言もあり、半分は冷凍庫へ。

 

いやはや、

ニッポンジンの食へのこだわりは

さつま芋をも極上のデザートにしてしまう。

 

お持ちくださったのは妹の古い友人、

パイロットのS籐さま。

遠路はるばるお越しの際、こんな重いお土産を

せっせとお運びくださいましたことに、感謝を捧げつつ

芋を頬張るワタシ・デ・アール。

 

ユキオロシ

この季節の雷は、雪を運ぶユキオロシと呼ばれる。

 

夕べ遅くから降り始めた雪はやむ気配はなく

むしろ少しづつ本格的な雪になりながら降り続いている。

 

先日からせっせと用意していた冬支度に身を包み

 

足取りも軽く向かう先には

そう、

今季初始動の、シャチョーポルシェ。

 

あいにくキャンセルも呼んだ土曜日の雪だけど

やっぱり冬の初めはワクワクするわ♪

 

12月に入ると館内メンテナンスで休館が多くなりまして

ご迷惑をお掛け致しますが、18日からはフル稼働致します。

今シーズンも、どうぞよろしくお願いします。

 

おまけの収穫

冬に向けて、暖炉の薪の調達に忙しい。

切って、運んで、積み上げる。

寝かして、乾かしてから、やっと使えるようになる。

屋敷の周りあちらこちらに、そんな出番待ちの薪があるのだが、

 

たまにこーんなオマケがあるのだ。

 

ほら、こーーんなのも!

ふふふふふふふ、

今日の晩御飯は椎茸ご飯かな、

こんがりいい香りの焼き椎茸かな。

 

美味しい秋はもうすぐ終わり、

今のうちにたっぷり楽しみましょう♪

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 156

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031