新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

うちの主人の唯一の趣味はアボカド生育です。
東京から15年前につれてきた紀伊国屋生まれのアボカドは、こちらの寒さにも負けずにすくすく育っています。地元っ子の仲間も増えて、何本かは里子にだし ました。日々成長していくアボカドとお客様の声にはげまされ商いを続けてきましたが、この度私のページを作るにあたり、皆様に香嶽楼の成育をお知らせし、 見守っていただけるよう、このブログを『アボカド通信』と名づけました。

村山 美枝子
2006年

お米の重み

香嶽楼産コシヒカリの

収穫日が、近づいている。

お米の重みで頭が垂れてきている稲は

一つ一つの粒も大きく

昨年のものより、豊作の予感♪

 

今か今かと、刈り入れ日を待つのは

ワタシ、ではなく

シャチョー・デ・アール。

 

 

 

 

パリのあの日から30年

ワタクシ事で恐縮ですが、

この世で3人、頭が上がらない人がいる。

 

そのうちの一人のTommyさんが、先日ご来館。

で、その時に偶然ウチに滞在していたのが友人のH岸。

この二人が揃ったのは、30年前のパリ以来。

 

2人の驚く顔や、嬉しそうな声を聴いて

この時に立ち会えた事が、心の底から嬉しかった。

 

今まで、いっぱい色んなことがあって、

これからも、いっぱい色んなことがあるだろうけれど

This is  one of my best days.

 

来てくれて、ありがとう。

 

 

 

 

 

実りと祈り

山に実りの季節が来た。

 

今年は長雨と酷暑で、山の生き物たちは

食べ物に難儀をしているらしい。

ドングリも、胡桃も、山栗も、実りが少ないそうな。

この地球に生まれ、生きる者たちが

与えられる試練の、何と多いことか。

それらの原因は、人間に起因することが多いのであろう。

 

台風の影響か、強い風に吹かれ

空を見上げる。

祈りと共に。

 

 

 

稲穂

玄関先の稲が

頭を垂れてきた。

暑い陽射しは変わらないけれど

吹く風が変わってきたこの頃。

 

今年は豊作だ、と

シャチョーが笑っている。

 

9月最初の週末、

気持ちも新たに、前へ進もう。

 

 

 

秋の空

ゴルフにご出掛けのお客様の、朝は早い。

 

7時にご出発の皆様のお見送りを終え

ふと空を見上げたら

そこに、秋がいた。

 

今日はまだ夏日かもしれないけれど

季節は確実に進んでいく、

そう、

秋に向かって。

 

「つなぐ、にいがた。」観光キャンペーン延長決定!

8月末まで実地していた

「つなぐ、にいがた。」観光キャンペーンの延長が決定いたしました♪

10月末までの予約に対して、

10,000円以上は5,000円、6000円未満は3,000円の割り引きです。

 

予約は前回同様、こちらの旅行社での扱いです。

是非秋の妙高をお楽しみくださいませ。

 

上記キャンペーンとの連動企画「妙高へお出かけ応援キャンペーン」
の延長はございません。8月31日宿泊分までで終了となります。
 

小さなお客様に気付かされて

U坂家の姫用に引っ張り出したのは

彼らがロビーでバイオリンを弾く間に使った

籐のゆりかごと

 

 

入浴用の木桶。

どちらも遥か昔、

ウチのブタムスメと愚息が使っていたもので

ゆりかごは妹の義母からの贈り物、

木桶は高田・仲町の金津桶屋で誂えたものです。

 

どちらも肌触りが柔らかいのが分かるのか

ひな姫においては、始終ご満悦の様子。

 

温泉は他のお客様の御理解のもと、

30分だけ貸し切りにさせていただきました。

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

御来館のお客様に優しい宿でありたいと

いつも願っている私どもに

新しい気付きをいただいた日々でした。

 

皆様もどうぞご希望をお知らせください。

私たちが出来ることを精いっぱいご提供いたします。

 

会話と対話を、大切にしたい。

 

もうそろそろ秋の風、

夏が去ろうとしている今朝、思うことでした。

 

 

ヴァイオリン+α

ウチのロビーにヴァイオリンとヴィオラの音が響く夏、

そう、いつもの彼らが来た。

 

今年はそこにプラスアルファ、

何かが聞こえる、

何だか、可愛いのが聞こえる・・・・・・

目を凝らして、よーく見てごらん。

 

なんと!!

もう一人、いる!!

かわいいかわいい追加人員、H奈子嬢。

 

んっもーーーお、可愛くてかわいくて

仕事になりゃしない!

用もないのにみんな周りをうろうろうろうろ。

お互い顔を見合わせてはニンマリ。

 

こんな風に、つながっていく事の、なんと嬉しいことよ。

赤倉のハハは、いつのまにかババになったの・デ・アール。

 

 

花オクラ

O野ちゃんの畑に遊びに行ったら

綺麗な、大きな花が咲いていた。

 

薄い透ける花びらが

なんとも優し気な黄色で

畑の実りの中で、ひときわ目を引く。

 

「あぁ、それはオクラ」。

えっ???

確かに似ているけれど、

普通のオクラの花の5倍はあろうかという大きさ。

左にあるのが私の腕。

大きさがわかるかしら。

 

しかもこれは生食できる花。

サクッと齧ると、後口がねばる、何とも不思議な食感。

 

早速今日のお客様にお出しします♪

 

 

涼を求めて

赤倉は、涼しい。

多分上越と10度は違う。

館内に足を踏み入れたお客様は、声をそろえてそうおっしゃる。

 

が、

住んでいる身には、それでもやっぱり

暑い!のである。

 

で、目に涼を、ということで

水鉢に睡蓮を生けた。

 

葉っぱは瀬戸物で、風になびいて

カランカランと揺らぐ音も涼しい。

 

猛暑の地にいらっしゃる皆さまに

お見舞いを申し上げます。

 

 

1 2 3 4 5 6 142

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930