新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

うちの主人の唯一の趣味はアボカド生育です。
東京から15年前につれてきた紀伊国屋生まれのアボカドは、こちらの寒さにも負けずにすくすく育っています。地元っ子の仲間も増えて、何本かは里子にだし ました。日々成長していくアボカドとお客様の声にはげまされ商いを続けてきましたが、この度私のページを作るにあたり、皆様に香嶽楼の成育をお知らせし、 見守っていただけるよう、このブログを『アボカド通信』と名づけました。

村山 美枝子
2006年

赤ちゃんのほっぺ

はい、と渡された箱を開けたら

こおーーんな楽しいお大福。

 

糸魚川にある山川製菓さんの

「赤ちゃんのほっぺ」という洋風大福で

何とそのラインナップは20種類!

 

つるりんとして、ぽたぽた~っとした皮に

それぞれの餡がまた楽しく、しかも美味しい。

ぺろりぺろりと、

あっという間に3個はいけちゃう、危険なお大福。

 

高校を除く、小学校から大学まで一緒だったI籐クンは

昔はふくふくした野球少年で、

現在は糸魚川の高校で教鞭をとっていて

来るときは何かしら美味しいものを

持ってきてくれるいいヤツです。

大変ご馳走さまでした!

またお願いね~~~!!

野沢菜2018

飯綱高原から、野沢菜が届いた。

今年の野沢菜は超お美人さん。

 

塩を振って一晩置いたものを

山からの水で洗う。

水道水とは全然違う、やさしい水。

寒いけれど、自然水の暖かさに

おしゃべりも弾み、お菜洗いは2時間で終了。

 

最近出始めた“やわらか菜”は時漬けに、

従来の野沢菜は塩漬けに。

昨年早めに無くなってしまい

お詫びを申し上げたお客様のためにも

今年は去年よりも多く漬けることにした。

 

時漬けは二日後に、

塩漬けは七日後に、

樽から出しでお披露目です。

 

さぁて、今年のお味はいかがでしょう。

 

 

蔵キッチン@君の井酒造

普段はぐびぐび頂いているばかりの日本酒を

美味しいお料理にいたしましょう♪

とのことで、

行ってまいりました『蔵キッチン』@君の井さん。

お出迎え頂いたのは田中専務。

早速の蔵説明にも熱が入ります。

そりゃそうだ、

妙齢の女子、しかも皆さん旅館やら商店の”女将さん”。

 

ひんやりとした蔵の中に漂ういい香り。

今朝がたもお米を蒸していたそうで、

窯の周りはほんのり暖かい。

いつもはお米を洗う場所に、

なんと、こんな素敵なしつらえ。

教えてくださるのは妙高出身の片幸子先生。

本日はオリーブオイル、酒粕、日本酒 そして妙高の野菜のコラボです。

 

4合瓶丸々使ったお鍋、酒粕のディップソース、

ビーフシチューなどを手際よく仕上げていきます。

おあとは楽しい試食会♪

もちろん君の井さんの自慢のお酒とともにです。

え、写真?

いやいや、それはご想像にお任せします。

 

あーー、おいしかった!

いえ、もっちろん、お料理も!

 

 

 

 

 

初雪

赤倉、初雪。

雪が降る日は、暖かい。

とっても変に聞こえるんだけど、ホントの話。

寝室から、寒さに身構えて一歩出て

気温に違和感を感じ、窓を開けると、雪。

今朝もそんな朝。

 

あまりに綺麗で、しばらく外を見つめてしまい

ぶるっと震えて、我に返る。

 

さあ、冬が来た。

今年の冬も、素敵な季節になりますように。

 

 

 

 

秋の大忙し

ブログも更新しないで、

また、さぼっているな!

と、お怒りのアナタ!!

私は、とぉぉぉぉっても、忙しいのです!

 

今になって山のように頂いた栗!

2kg!の地獄の皮むき!!

 

野沢菜炒めを作れ、との指令を受け

きざむきざむきざむきざむ

格闘数時間後、やっと炒めに入った野沢菜炒め。

 

外に出れば、枯れ葉舞う玄関先を

れれれのおじさんのごとく掃きまくる朝。

それもこれも、

すべてアナタを想い

美味しく、楽しく、美しく、

香嶽楼にご滞在していただくため!

 

本格的な冬の前、

野沢菜炒めと新米に舌鼓を打ち

デザートの甘さに目を細め、

あったかぁ~い温泉で、心と身体を緩ませに

どうぞお出かけくださいませ♪

 

 

 

黄金色の森

透きとおる空気と

澄み渡る青空。

森は今、黄金色です。

カサカサと、葉っぱのおしゃべりも大忙し。

 

赤倉の滝の湯は冬季休業に入りましたが

当館の外来入浴はまだ大丈夫、

15時から19時です。

是非お出かけ下さい。

 

 

いつもと違う一日に

日帰りのお客様を迎えに行くシャチョーを

マイクロバスの駐車場まで送った朝、

目の前に色がる光景に息をのんだ。

ウチからの眺めと全く違う斑尾連山。

 

寒い朝、お客様を誘って散歩に出かけてみようかな。

いつもと違う一日が、ここから始まるかもしれないから。

 

門からウチに向かう道の

宙を舞う栗の葉に、

玄関に入って漂うコーヒーの香りに、

暖炉にはぜる薪の音に、

すっかりここに落ち着いている秋を感じる。

 

今日も元気に、丁寧に。

 

 

 

 

 

最中三昧

初めてのご来館のお客様に

お土産に差し出されたのは

まさかの小ざさの最中♪

紙袋を目にしたとたん

思わず口走ってしまった

「小ざさですか!?」に

お客様も

「え、ご存知ですか」。

知ってますとも、大好物♪♪♪♪

 

これだけあると独り占めもできません、

みんなで美味しく頂きましょう、今日のお茶。

食欲の秋に最中三昧、

これを幸せと呼ばず、なんとしょう。

 

晴れ渡った青空に

香ばしい最中のかおり。

今日も元気に、丁寧に。

 

 

 

秋の日曜日

あんまり光がきらきらしていて

思わず庭に出た。

 

おはよーー!

秋は、ここにいまーーす!!

 

今日は日曜、

ココロもカラダも、リラックスデイ。

ホカホカの温泉饅頭をおやつに

秋を楽しみにお出かけください。

 

お山のとまと食堂もラストスパートです。

まだ召し上げってないもの、ありませんかーー?

 

 

紅葉真っ盛り

素晴らしい青空と、妙高山。

赤観スカイケーブル

杉ノ原ゴンドラ

元気に運行中です。

 

どうぞお誘いあわせてお出かけください!

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 131

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930