新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

うちの主人の唯一の趣味はアボカド生育です。
東京から15年前につれてきた紀伊国屋生まれのアボカドは、こちらの寒さにも負けずにすくすく育っています。地元っ子の仲間も増えて、何本かは里子にだし ました。日々成長していくアボカドとお客様の声にはげまされ商いを続けてきましたが、この度私のページを作るにあたり、皆様に香嶽楼の成育をお知らせし、 見守っていただけるよう、このブログを『アボカド通信』と名づけました。

村山 美枝子
2006年

810宿の日

認知度はイマイチの8月10日宿の日。

赤倉では灯りの盆祭りのオープニングとして

花火を打ち上げまーーす!

高原の涼しい夜の花火、

たっぷりとお楽しみくださいませ。

 

当日香嶽楼では、外来温泉入浴受け付けております。

15時から19時、おひとり様800円です。

ロビーでは生ビール小ジョッキ500円のワンコインサービスしてます。

是非お出かけくださいませ!

 

上越の夏・蓮の花 

高田城址公園で、

東洋一と謳われる蓮の花が見頃を迎えています。

 

東京ドーム4個分(!)のお堀に咲く蓮は

それはそれは見事のひと言。

 

高田はフェーン現象で、度々日本一の猛暑になる土地ですが

お堀の周りは風が抜け、気持ちのいいこと、この上ありません。

手を延ばせは触れそうな花々にうっとり。

 

お堀の周りを歩いた後は、

近くのスターバックスもいいけれど、

高田っ子はコチラでしょう、

老舗のアイスキャンディ―屋さんの

井上冷菓店。

お気をつけあそばせ、一本じゃ足りませんよ。

 

暑くて気持ちのいい夏のひと時、当館からお車で約40分、

夏のお花見に、是非お立ち寄りください。

 

杏の季節

信州にほど近い私たちにとって、初夏の果物といえば

あんず。

先にいただいたのは杏の産地として有名な更埴のあんず。

こちらはいつものように、ミントを利かせた

Apricot&Mint ジャムに。

 

 

そして、昨日頂いたのはハーコットという生食用の杏。

こちらは酸味が少ないのでストレートに

HarcotApricot ジャムに。

切っているそばから立ち上る、甘くフレッシュな香りに

思わずひとつ、ふたつ、とつまみ食い。

 

甘酸っぱいルバーブと、甘酸っぱいアプリコットジャム、

似ているようだけれど、全く違う味わいのジャム、

食べ比べてみませんか?

 

 

ルバーブジャム

6月に入り、黒姫高原のルバーブが届きだしました。

 

デザート用にコンポートにしたり、

朝食用にジャムにしたりですが

カブによって色が違うので、

三色のジャムが出仕上がりました。

お味はほぼ同様ですが、赤いのが若干味が濃いような気がします。

 

高原の初夏の味、お楽しみくださいませ♪

 

中野バラ祭り

当館から車で約30分、

中野市一本木公園は、バラ祭り真っ最中!

エントランスを入っていくと

バラ、

薔薇、

ばら!

 

会期も延長されたようですので

お立ち寄りになってみてはいかがでしょう。

近くのポットという昔ながらの洋食屋さんも

可愛くて、美味しかったですよ♬

 

 

ゴルフの季節

6月に入り、緑が日増しに深くなり

やってまいりました、ゴルフパックの季節

 

妙高CC,高原GC,赤倉GCの中からお選びいただき

ゴルフと宿泊がパックになったお得なプランです。

気持ちの良~い高原の風の中、思いっきりクラブを振って

良いスコアに地酒で乾杯し、イマイチなスコアは温泉に流し

お仲間と楽しくお過ごしになられませんか?

 

新潟県使っとくキャンペーン

対象居住エリアが広大され、

山形・福島・群馬・長野・富山・石川・福井各県に

お住いの皆様も割引をご利用いただけます。

 

お電話にてのお申し込みのみになりますので

0255(87)2036

へ、どうぞ!

 

Happy Sunday

今日は快晴の日曜日。

清々しい高原の風が吹き抜けます。

 

玄関前のハクウンボクも満開を過ぎ、散り始めている様は

まるで雪が舞っているかのよう。

 

ブラックベリーの花は白く可憐で

夏の終わりの実りを心待ちさせるほど

沢山の花をつけています。

 

新潟使っとくキャンペーンも6月末まで延期され、

お使いいただける地域も増えました。

是非この機会にお出かけくださいませ。

 

屋根修理完了♬

皆さま、

大変お待たせいたしました。

露天風呂の屋根修理が、この度めでたく完了いたしました。

 

そぼ降る雨の中、

「雨の温泉もいいもんだ」とおっしゃって下さったY様。

「今度はスゲ笠持って入りに来るわ」

と、おっしゃって下さったN様。

「いっそこのままの方がええんじゃないか」

と、おっしゃって下さったO様。

その他にも皆様からたくさんのお言葉を頂く中、

苦情はひとつも頂かず、今日までまいりました事、

本当に感謝いたします。

ありがとうございました。

 

新緑が一番美しいこの季節、

どうぞお誘いあわせの上、お出かけくださいませ。

 

ニッポンの味

季節ごとに食べたいものが変わるというのは

どこの国でもある事だけど

ニッポンジンでよかったーー、と思うのは

こんな看板を見つけて心躍るとき。

ここは加茂にある140年の歴史を誇る「善作茶屋」

 

おりしも、長い冬季休店を終え、待ちに待った開店の日。

「今開けるっけね~、ちょっと待ってなぁ~」。

はいはい、待ちますともさ。

 

店の横にはバスの停留所。

停留所名にもなっていた。

 

お待たせー、といってお母さんが店先で切る。

 

冷たい湧き水で作ったところてんは、

うすく透きとおり、男前の顔をしているのに

お母さんの手からお皿に生み出されたものは

こんなにも艶っぽく、なまめかしい美しさ。

程よい冷たさと、ほのかな磯の香りが

するすると喉に落ちていく心地よさ。

 

あぁ、わたし、ニッポンジンでよかった、と思えたおやつのひと時。

本日も美味しい時間、ご馳走様でした。

 

 

 

 

ひと足早い初夏の味

黒姫高原のO野ちゃんの畑から

ひと足先に初夏の味、ルバーブが届きました。

翡翠を思わせる透明感のあるグリーンと

ベリーを思わせる紅い部分が混ざった茎は

切るとザクザクと音がして、ほんのりと酸っぱい香りが漂う。

さてさて、これから一晩、ゆっくりお休み頂いて

明日は美味しいコンポートになっていただきましょう。

 

香嶽楼はメンテナンスのため、月曜日から5日間のお休みをいただきます。

土曜日からのデザートを乞うご期待♬

 

1 2 3 4 5 6 7 8 156

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031