新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2021年7月

真夏の果実

杏だ、

桃だ、

ワッサーだ、

と、騒いでいたら、飯綱高原の畑では

もうこんな風景が見られるのです。

 

ちょっと待って!

まだ西瓜も、プラムも、堪能するほど食べていないよ!!

 

もう少し、太陽浴びて待っててね、

真夏の果実になるには、まだ早すぎる。

急がずじっくり甘くなってね。

 

 

 

ツナガル手

東京からのS木クンの香嶽楼歴は、長い。

生まれる前からである。

ご両親が香嶽楼で出会い、ご結婚され、

そして、生まれたのが彼である。

 

子供の頃は親御さんに連れられ、

成長するにつれ、友人たちと来る方が多くなり

なんだか可愛い女の子と来るようになったら

今回、なんと、ちびっちゃいのがいるではないか。

 

コロナ禍の中での出産で、あまりお披露目はしなかった、

とは、本人の弁だが、

香嶽楼内は興奮の嵐で

知らない知らない知らない知らない知らない、と大騒ぎ。

 

そんなワレラを尻目に、当のチビビは

にっこにこの笑顔で愛想を振りまき

ハンモックでご満悦の様子。

 

大きい手が握りしめる華奢な手が

いつか、小さく可愛い手をそっと包んで

ウチに帰って来てくれる、

そんな優しい風景が、いつまでも、

そして誰の人生にも起こり、続くようにと

赤倉のハハは願うの・デ・アール。

 

 

いきなり、夏!

陽の光が、明らかに昨日と違う。

 

夏が来た。

ので、

ウチの畑(と、勝手に思ってるO野ちゃんの畑)に行ってきた。

 

ぐんぐん大きくなっているトウモロコシの

収穫時を胸残用しながら

 

隣の人参畑で生食用の人参ゲット。

ふさふさの葉っぱは人参よりもビタミンAは2倍以上、

たんぱく質は3倍、カルシウムは5倍、

その他、脂質、ビタミンE、カロテン、鉄分も含み、

夏を乗り切る特製ふりかけになるのです♪

 

お食事時、お試しになりたい方はどうぞお声をかけてください、

「うさぎさんみたいに速くかけっこできるようになるよ~」と

スタッフがお出しいたしましょう。

 

 

 

訪・富山

近すぎて、なかなか行かない場所があった。

 

そう、

それは「富山」。

 

遊んで、

 

食べて、

 

食べて

 

食べて、

 

飲んで

参りましたぁ!

 

富山って、美味しーーーーーーい♪♬♩

魚も、お米も、そしてお水も

本当に美味しくて、

今まで行かなかったことを激しく悔いたワタシ。

 

駅ビルにある富山土産のコーナーも

とおーーっても充実していて、

特に鱒寿司の品ぞろえと、和菓子の美しさ、

そして包装のこだわりたるや、ちょっと半端ないぞ、富山!!

 

食事処でお隣に座った美女ふたりに教わった

”大岩の素麺”もMust Tryだし、

夏が終わる前に

再訪を心に誓うワタシ・デ・アール。

最中にやられた

ウチの妹は、姉の胃袋の落としどころを熟知していて、

たまに爆弾を落としてくるが、

今回のは全くもって降参しました。

 

東京は向島、

 

青柳正家の

 

菊最中。

餡の美味しさ、

皮の香ばしさ、

見た目の麗しさ、

いやはや、やられました。

 

抹茶を立てる間も惜しみ、

まずはひとつ目を頂き、

ほぉ~、とため息をついてから

やおら茶筅と茶碗を用意し、お茶で一息。

で、落ち着いてふたつ目。

はぁ~、全くもって、やられました。

 

美味しさは、いつも人を幸福にする。

 

 

ニホンノオサケ 第三弾

先日からお伝えしている「ニホンノオサケ」シリーズ、

第三弾目が発売になりました。

新型コロナウイルスや災害級の大雪などで厳しい状況下で「愛飲家に楽しんでもらえ、酒造業界側もワクワク出来る仕掛けを」と上越の酒蔵が集結して始めた『二ホンノ、オサケ』プロジェクト。

二つの酒蔵自慢のお酒をブレンドして、超プレミアムなお酒を造る本プロジェクトは二つの蔵を意味する「2本」と「日本酒」をかけて命名されました。

第一弾は「千代の光」×「鮎正宗」、第二弾は「越の白鳥」×「能鷹」。

で、第三弾目の今回は

「妙高山」と「吟田川」さんのコラボレーション。

 

吟田川さんは当館でも通常提供している酒蔵で、

とっても評判のいいお酒ですので、頂くのが楽しみ♪

ってか、

2本しかないから飲めないじゃん、ワタシ。

 

是非、当館でお飲みいただく際は、

ワタシにお恵みの一杯を!よろしくお願いいたしまーーす♡

 

 

夏への扉2021

妙高は、これからが紫陽花の季節です。

国道から、赤倉に登る道は、滴るような緑のトンネル。

 

ガクアジサイが、まずはお出迎え。

そこを抜けると

紫陽花ロードの始まりです。

刻一刻と変化する色を眺めていると

雨の鬱陶しさなど忘れます。

 

場所はこちらをご参考に、

静かな雨の日のドライブに、

いかがでしょうか。

直江津市民のソウルスナック

ウチのN雲ちゃん、定番お土産は

直江津市民の心のおやつ、

バラパン」の揚げあんパン♫

左のリング型のはクリームパン。

どちらもずっしーーり重い。

 

他にも甘系はもちろん、調理パンも充実していますが

朝早くいかないと売り切れて閉まっていることもしばしば。

ここのパンをおやつに持って、海辺をドライブ♫

なんていうのが

今のワタシの理想の休日です。

 

直江津方面の方は、これ持って山にいらして下さいまっせー!

 

 

杏仕事

今年も、きました、

長野更埴の杏8キロ。

 

昨年は不作に泣き、沢山作れなかったアプリコットジャム。

ウチのは、庭に自生するミントの香りたっぷりのスペシャリテ。

 

美味しいものは早くなくなります、

どうぞお急ぎくださいませ♫

 

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031