新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

温泉考・入院編

ワタクシ事ですが、

入院してきました、2週間ほど。

 

いや、そのこと自体は結果論で、無事退院して元気ですのでご安心ください♪

入院中、なんだか入れ替わり立ち代り、同室の方が替わり

思いがけずに多くの方とお話ができて、楽しかったのですが

考えさせらることが沢山ありました。

 

中でも、温泉のこと。

 

ウチが温泉旅館だというと、

看護士さん含め、皆様口をそろえて

「いいですね~~、行きたいなぁ、温泉。随分行ってないな――」

と、おっしゃる。

 

いつから日本人にとって、温泉って遠いものになってしまったのだろう。

温泉って、一番身近な娯楽だったはずではないのかしら。

いつも女将会で話すのは、

「地泉地消」、地元の方に、地元の温泉を使っていただきたい、

妙高をご存じない方に、この地の魅力を感じて楽しんでいただきたい、

という想いです。

 

昨今、予約はインターネットが主流になってきました。

でも、希望・条件を入れて出てきた宿から選ぶ、

というのに、ちょっと待った、をかけたい。

いいな、行きたいな、と思う宿があったら

まず、電話をして、ご自身の思っていることを

お話ししてみてはいかがでしょう。

 

ネットに出すと不都合があるけど(部屋数や、日程などの関係から)

きっと、宿の方は一生懸命聞いて、

なるべくご希望に沿うように、相談に乗ってくれるはず。

少なくとも、新潟県の女将さんたちは、みんな懐が深いです。

 

一人旅だけど、とか、食事の量のことだとか、

お部屋とお風呂の距離のことだか、

チェックインの時間や、周りの観光施設の状況、ご予算まで、

もしかしたら、ネットでははじかれてしまう宿でも、大丈夫かもしれませんよ。

そして、そのお宿がダメでも、他のお宿を紹介してくれるかもしれません。

まずはお声をかけてみてはいかがでしょう。

 

 

どうぞ、多くの皆様が、日本の誇る温泉を、

新潟の心優しいお宿を、もっともっとお楽しみいただけますよう

積もってきた雪を眺めながら、想うワタシ・デ・アール。

 

 

 

 

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031