新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2019年1月

卵の恵み

毎朝お客様のオーダーで目玉焼きを焼いていると

「卵の黄身無しで焼いて」とおっしゃる方がいる。

お一人ならまだしも、2~3人の方が二つづつ、なんていうと

あっという間に黄身がたまる。

 

最初はにこにこスタッフが食べていたけれど

毎日となると、そうもいかない。

で、

マヨネーズを作ってみた。

ぷりぷりの黄身に、リンゴ酢、

バリの天然塩を加えて作ったマヨネーズは

ふぅんわりとして、優しい卵色。

 

サンドイッチを作ったら、さぞかし美味しかろうと

両手に瓶を抱え、ニマニマと下舐めずりをしていたら

「明日のお客様にお出しするんだから、たべちゃだめですよっっっ」

ワタシの手から、あっという間に連れ去られました。

 

ドレッシングのコーナーで、このマヨネーズを見かけたら

是非ともお試しくださいませ。

 

 

 

 

特等席

ウチの朝食バイキング会場は庭に面しておりまして

普段は鯉が泳ぐのが見られるのですが

今はこんな感じ。

 

白い雪が反射して、会場は明るく和やかな雰囲気。

数あるテーブルの中でも人気なのが

通称“マック席”のこちら。

今日は素敵な青空で

美味しいお食事を召し上がっていただきましょう。

 

今日も元気に、丁寧に。

 

美しい時間

今日は素敵なBlueBirdDay.

朝早くからツワモノどもがわさわさと出払い、

シーンと静まり返った館内。

 

ふとロビーを見下ろすと、美しい人影が。

写真集や、本を開きながら

「水彩画を描いているの」と微笑む人の

身の回りを漂う、なんと穏やかで美しい時間。

 

雪の白さと、光り、空の青さが

あなたの休日を丸ごと包み

いつもとは違う、でも、確かに自分の時間を生みだします。

 

大好きなものの、次に好きなものを

ひとつポケットに入れて、旅にでてみてください。

あなたの旅に、もう一つのエッセンスをくれるかもしれません。

 

 

 

変わらぬ日々、変わる日々

お正月は、いつもの皆様が

入れ替わり立ち代りやって来て

あちらこちらで一年のご無沙汰の挨拶が交わされる。

 

年に一度、ここでしか会えないお客様同士が

お互いの無事と健康と

香嶽楼で過ごすこの日を、

心から嬉しく思ってくださるお顔を見るのが

ワタシの年越しです。

 

いつもと変わらぬ顔がある中、

年々成長していくお子様を連れているのは

香嶽楼の西遊記コンビのシノとヤス。

 

幸せになれよ、といった人がいると笑っていたけれど

その言葉が愛あふれるものだということを

あなたもわかっているでしょう。

変わるものの尊さと愛しさを

たくさんポケットに入れて

ウチを後にしていく姿に

思わず胸が熱くなって、顔が見れない。

 

いってらっしゃい、

いってきます。

いつもの挨拶で送り出す。

 

変わらぬ日々と、変わる日々を大切に。

 

 

 

 

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

 

昨年中、香嶽楼をご利用いただいた皆さま、

宿泊を御検討してくださった皆さま、

このブログを開いてくださった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

館もスタッフも、無事一年を過ごし

新たな一年を迎えられることに感謝し

一歩前進することに心を引き締め、

2019年を歩み始めます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031