新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

アーカイブ:2011年5月12日

本物のご馳走【旬の一品】

山育ちの田中、里育ちの藤本、2名の板前が、幼い頃から知りつくした地元の素材で、そのとき一番おいしいものをお出ししています。それは例えば、摘みたてのみょうがやクレソン、汗みずかいてこねたそばがき、越の丸ナス、山菜たっぷりの笹寿し、具だくさんの味噌汁だったりします。

左・田中、右・藤本

夏の妙高会席 お献立

夏の妙高会席 お献立

海や山のごきげんで、内容が変更になる場合がございます、御了承くださいませ。

 

 

◆皐月 ~5月~

Tennpura

 山の恵み 山菜のてんぷら

 

 

◆水無月 ~6月~
Nemagari
 妙高山菜の王者 ネマガリタケ

 

Takenokojiru
 たけのこ汁 越後味噌との相性抜群

Asupara4
 黒姫高原朝摘みアスパラ

 

◆文月 ~7月~
Nasu
 十全なすの漬物

 

◆葉月 ~8月~
Nasu2
 越の丸ナスと地場産トマトのグラタン

 

Blueberry
 高原のブルーベリー

 

◆長月 ~9月~

Sasazushi
妙高名物笹寿司

 

◆神無月 ~10月~
Dobinn
 山のきのこの土瓶蒸し

 

Kinoko
 庭のきのこ

Kuri
山栗のマロンシャンテリー

 

◆霜月 ~11月~

Tennpura1
そばの天麩羅

 

Ringo
 りんご

 

DSC_0114
 焼き林檎

 

◆師走 ~12月~
Nozawana1
香嶽楼野沢菜隊

Nozawana2
たっぷりと漬ける

Nozawana3
自家製 野沢菜

◆睦月 ~1月~

Syabusyabu
もち豚のしゃぶしゃぶ

 

 

◆如月 ~2月~

角煮
もち豚角煮 脂身が甘く、とろけるよう

 

 

◆弥生 ~3月~

Nodoguro
のど黒 一夜干し

 

◆卯月 ~4月~
Fuki1
 雪がとけたところから次々と生える蕗の塔

 

Fuki2
蕗味噌グラタン・蕗味噌田楽

 

 

 

山にも春がきた

のびやかに枝を伸ばし、

長かった冬に別れを告げ、新芽をつけた木々。

新緑2

 

 

心がうきうきしてくるこの季節、

おもわずスキップ、るんるんるん。

新緑1
日陰に残る雪に手をかざすと、

ひんやりした空気が揺らいだ。

 

 

バイバイ、またね、と、冬が手をふった。

 

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031