新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

穏やかな日常

5人いる、わが人生の師のおひと方、

Y氏の還暦祝いに、弾丸東京。

 

新幹線の中、大宮あたりで豪雨におののき、

目黒の夜、喧騒の会場をも揺るがす雷雨にしびれ、

翌朝、新潟での女将会に向かう新幹線では

真っ黒な雲を横殴りの雨、

そして、無事新潟についてみれば

会議後、帰る時間の

列車不通の知らせにビビり、

(泊めてくれる宿は、おかげさまでいっぱいあれど)

何やら祟られ感の強い行程でしたが

気が付けば、一粒の雨にも当たらず

一歩会場を出れば、どこでも雨はやんでいた。

 

朝三時半、ほの明るい東京で、

友人と歩く道は、雨の匂いが濃く残り

酔いを醒ます、ほど良い気温。

 

20年ぶりにあった仲間たちと過ごした時間は

あまりに濃厚で、濃密で、

歩道に響く、50を過ぎた自分たちの足音を聞きながら

なんだか、あれからずっと幸せだったな、と

長い夢を見ていたような、不思議な感覚。

 

今朝目覚めてから、穏やかに戻る日常の時間。

 

妙高の霧を肌にまとい、

今日も元気に、丁寧に。

 

 

 

 

 

 

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031