新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

70年代の風

先日出版された写真集が届いた。

70’HARAJUKU

この頃小学生だった私は、

大きな休みのたびに遊びに行っていた従妹の家から

ブタの貯金箱に貯めたお金を小さな鞄に入れ、

3歳年上の従妹と、キディランドに行くのが、なにより楽しみだった。

大きな買い物なんでできないから、

シールや、鉛筆や、ノートくらいだったけど

田舎の小学生には、ビル全体が、宝箱のようにキラキラ光っていた。

 

この写真集の後半の時代は、代ゼミ原宿校に通いながら

サーティンワン、ヘンリーアフリカ、バンブー、カフェドロペ、ゼストは

私たち仲間のお茶の間だった。

ケータイ電話がない時代、約束がなくても、どこかに行けば仲間に会えた。

卵の黄身色のシビックに乗る、かっこいいオネーさんや、

ビリヤードが上手な、長髪のオニーさんを横目に目ながら

いつか自分もあんなふうになれるのかしら、と

心ときめかせた時代。

 

期せずして、友人の若い頃の写真を見つけて

なぜか胸が詰まった。

 

私の体を、70年の風が、吹きぬけていった気がした。

 

秋の初めの週末に、元気を頂いた本でした。

しばらくは図書室に置かず、フロント前の火鉢のところに置いておきます、

どうぞ、お風呂上りに、手にとってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031