新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

春の香りを探して

信州中野に行って来た。

 

高速道路で20分、インターで降りてから5分、

目指す先は、畑の真ん中に立つ、巨大なハウス。

妙高と違い、雪はないけれど切るように冷たい風に身をすくませて

走りこんだところは

お花畑。

 

いえいえ、よーく見てください、

花の合間に見え隠れするのは

いちご!

そう、ここは信州にあるいちご農家です。

 

ところどころに赤い実が見える畑の中で

作り手の丸山文子さんが、熱く語ってくれたのは

水栽培ではなくて、土に植えた土耕にこだわっていること、

苗の中も温水を通して、いちごを凍えないようにしていること、

そして、この小さい青い実が、大きく赤いいちごになるまで、約40日もかかること。

ゆっくり、じっくり熟すいちごは、糖度も高く、実もしっかりした極上品になるそうです。

 

形が悪いいちごのほうが、赤くなるのに時間を要するので

お味はとっても良くなる、というお話も、

なんだか自分と重なって、うんうん、と、頷くことしきり。

 

2万5千株のいちごが、赤く色付いたところを

見られるのは来月、

なんでここに行ったのか、というのは

またのお話しです。

 

 

 

 

 

It's only fair to share...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Share on Google+
Google+

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com