新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

跳ね鯛最中

根岸から、わざわざ人の手を借りて

やってきたのは神田根岸の嘉祥庵、

「跳ね鯛最中」。

 

ひと口サイズのかわいい姿、

なれど、侮るなかれ、

サクサクの皮もさることながら

中身のあんこが素晴らしい。

“瑞々しい”とご挨拶文にある言葉がどんぴしゃり。

ねっとり、でも、さっぱり、でもない

瑞々しく、艶やかなあんこ、です。

 

明日からついてる大きな雪だるまマーク、

このあんこがあれば、ほかほかと暖かく過ごせるでしょう。

M知子さん、ご馳走様でしたーーー!!

 

 

 

 

It's only fair to share...Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Tumblr
Tumblr
Share on Google+
Google+

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com