新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

晴れた日に、信濃路を思う

あまりご存知の方はおられないかもしれないが

ウチの3階廊下から、正面に

黒姫山が見える。

その昔、旅行社で赤倉は“信州仕入れ”といわれ

新潟ではなく、長野の一部として扱われていた。

 

いらしたお客様から「え、ここ、新潟県なの?」という

お声もかなり聞かされた。

県庁も、長野県庁にいく三倍時間をかけ、新潟市に出向き

手続き等にかなり不便を感じる。

その度に、

どうせなら長野県になればいいのに、

という思いがあり、自身も新潟県にあまり愛着もなかった。

 

その思いが変わったのは、中越地震のとき。

県下のほぼすべての温泉地の旅館が結束し、

誘客行脚の出かけ、お互いを思いやり、

自身を励まし、新潟県民だからね!、という力で動いた。

 

晴れた朝に、ふと外を見ると、

すぐそこに優し気な黒姫山。

 

そこから続く信濃路をおもい、

長野やら、新潟やらより、この妙高山の麓、

おおらかな気持ちで、過ごす日々を

有り難く、愛おしく感じる今朝。

 

道路までが凍る、寒い長野の冬、

しんしんと降る雪に、生活路まで閉ざされる新潟、

そんな日本の冬を、楽しんでいただけるよう

フロント前の火鉢に炭を入れる。

 

今日も元気に、丁寧に。

 

 

 

 

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031