新潟 妙高高原 赤倉温泉 源泉掛け流し 香嶽楼

若女将のアボカド通信

コスモスと蕎麦

長野と新潟の県境、

杉ノ原から黒姫高原に抜けるところに

密かに“行かずアンダルシア”と呼んでいる

お気に入りの場所がある。

そこは霧下蕎麦の里であり

地元のおばさんたちが立ち働く

蕎麦の「たかさわ」は、その坂を登りきったところにある。

メニューを見て、しばし悩む、

が、

やはり王道の「ざる」。

黒みがかった蕎麦は

香りよく、しっかりとしたコシ、

噛むほどに味わい深い田舎蕎麦。

 

あぁ、美味しかった

と、何気なく献立を裏返したら

「蕎麦薄焼き クレープ風」

!!!!!!!

しかも、甘辛両方楽しめる!

うぅ~~、と

唸りながらお腹をさすってみたけれど

ぽんぽん具合で、泣く泣く次回繰越。

 

外に出れば秋の空、

思わずシャッターを切ったけれど

絵に書いたような「花と空」、

陳腐な写真となりました。

高原は秋を迎え、

見どころ、食べどころが満載です。

週末のご予定に入れてみませんか?

 

 

 

 

 

 

It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Google+

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930